【试翻】波丽安娜 / ポリアンナ【须田景凪】

标题:出自美国作家Eleanor H. Porter所著的畅销儿童文学作品《波丽安娜》。因其主人公的鲜明性格,“波丽安娜”用于表示“极端、盲目地乐观的人物”。

街に降る雨と鈍い灯り
【街上下着雨 灯光黯淡】
夜光虫はまた渦となる
【夜光虫在水中形成荧光的漩涡】
朱く錆びついた傘で二人
【红色锈蚀 伞下二人】
満たしていたいのは空っぽな心
【空虚的心 渴望填满】

触れない愛と日々の香り
【无法触及的爱情与日常的香气】
その情景がまた日々となる
【而那情景又融在日常之中】
甘く溶けそうな言葉を吐く
【口中吐出甘美黏腻的话语】
満たして痛いのは
【填满直至胀痛是因为】

嫌いだ あなたの 態度 言葉 その仕草も
【我厌恶着 你的态度 你的言辞 你的一举一动】
壊してしまえたなら どんなに楽だろうか
【若能把它们破坏殆尽 不知会有多么开心呢】

街に降る雨と鈍い灯り
【街上下着雨 灯光黯淡】
夜光虫はまた渦となる
【夜光虫在水中形成荧光的漩涡】
霞みゆく灰を目で追うまま
【目光追逐着朦胧远去的灰烬】
その造形にまた嫌気がさす
【而那造形又引人生厌】

嫌いだ あなたの恋を知った その心も
【我甚至厌恶着 你那颗 知晓了爱恋的心】
奪ってしまえたなら どんなに楽だろうか
【若能把它完全剥夺 不知会感到多么爽快】

ねえ 遠く行ってしまえ 逆さまの心と
【去吧 走得远远的 带着表里相反的心】
夜の底で二人 ほら また繰り返してしまう様だ
【夜晚最深处的两人 你看啊 又要一次次重复下去了】

嫌いだ あなたの 態度 言葉 その仕草も
【我厌恶着 你的态度 你的言辞 你的一举一动】
壊してしまえたなら どんなに
【若能把它们破坏殆尽 不知会有】
嫌いだ あなたとあたしの間 その全てを
【我厌恶着 你与我的交集 这一切的一切】
満たしてしまえたなら どんなに楽だろうか
【若能把它填得满满当当 不知会有多么痛快啊】

评论 ( 1 )
热度 ( 33 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER