那个夏天趋于饱和。/あの夏が飽和する。

“精一杯生きている。”——竭尽全力地活着。


词曲/カンザキイオリ


⎡昨日人を殺したんだ⎦

[“昨天我杀了人”]

君はそう言っていた。

[你如此说道。]

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いていた。

[你被梅雨打得浑身湿透,哭倒在房门口]


夏が始まったばかりというのに、

[夏天才刚刚开始,]

君はひどく震えていた。

[你却剧烈地颤抖着。]


そんな話で始まる、あの夏の日の記憶だ。

[这是由你一句话展开的,那个夏日的记忆。]


⎡殺したのは隣の席の、いつも虐めてくるアイツ。

[“我杀死了一直在欺负我的同桌。]

もう嫌になって、肩を突き飛ばして、...

Happy Sugar Life op 歌词翻译

ワンルームシュガーライフ
【一室糖生】
ナユタン星人 ft. ナナヲアカリ
翻译/铝硅磷

感情がキラキラ 今はキラキラ
【感情在闪闪发光 现在正闪闪发光】
あなただけがすべてさ
【你就是我的一切】
この甘い世界 嘘になるような
【这甜蜜的世界 仿佛要化作谎言】
それ以外のことなんて 消してしまおう
【除此之外的事 都给我消失不见】

スキのピントがズレていって
【恋情的焦点摆错了位置】
外の世界とは ディスコミュニケーション
【无法与外面的世界交流】
アイを隠した胸の奥は
【埋藏着爱的内心深处】
誰にも覗かせない
【不允许任何人的窥探】

愛したんだ。 どうしたんだ?...

【须田景凪】人偶/Dolly

タリーランプは灯ってないから
【既然录像机上灯还暗】
秘密の話をしよう
【何妨不来促膝密谈】
僕らずっと一人 霞んだ二人
【我们总是一个人 朦胧的两个人】
描けるのは此処じゃないな
【应该描绘的不是这里啊】

悲しくも飾っていたいから
【尽管悲惨却仍想将其装点】
真夜中をねえどうしよう
【这深夜里该如何是好】
夜を負ったドーリー 望んだ通り
【背负着夜色的人偶 如你所愿】
奇麗なままを切り取って
【独将奇丽的模样裁剪】

淑やかな熱を持つ
【我本是希望】
瞳の奥の過去でさえ
【连那热流静淌的眼眸深处的过去】
受け止めてみたいのにな
【也一并领悟】

思い出したんだ
【我开始回想】
言葉では表せないくらいの景象
【那无法用言语表达的景象】
酷い鼓動 諭

【试翻】密【须田景凪】

心に隠した言葉ひとつも
【我心中埋藏着千言万语】
口に出せずに消えていてしまう
【未曾说出口 就已经消逝】
それすら あなたに悟られぬようにと
【就连这一面 我也不愿让你发现】
尚更、遠く離れてしまった
【于是我就,更加地疏离了你】

夜を越えて また越えて
【又是一夜 渡过这夜】
また大嫌いな朝が来る
【再次迎来可恶的清晨】
ぼやけた街の鮮やかさなんて
【朦胧街景那鲜艳的色彩啊】

今日のことを教えておくれ
【把今天发生的事告诉我吧】
何も言わず また目を伏せる
【一言不发 又是眉眼低垂】
日々の隙間に潜り込んで
【钻进时光的缝隙里】
僕ら、さよならを誓った 今日も
【今天,我们宣告永别 一如往常】

僕らの仕草は互いを映して
【我们的一举一...

【试翻】ハレハレヤ / 清霁素朝 【羽生まゐご】

夜の街迷いし穢れの乱歩

【夜间街上  踌躇不定  不净地游走】

何処から来たのよ見窄らしいね

【你从哪里来  为何衣衫褴褛】

ねぇうちにおいで  温めてあげるよ

【要不  去我家吧  我家暖和】

今までよく頑張ったよね

【坚持到现在真不容易】

ここらで休んでみませんか

【就在这里稍事休息吧】

ゆっくり話をしませんか

【不慌不忙地聊几句吧】


とりあえず今夜は安心さ

【今晚姑且算是有了着落】

足跡は雪が消していた

【雪把足迹掩埋在纯白中】

声は...

【试翻】淫艳之蓝 / Lust Blue【R Sound Design】

Never did passenger in summer’s heat
【夏日炎炎中路上的人,即便渴得要晕,】
More thirst for drink than she for this good turn
【也从来没有像她那样,急于一润渴吻。】
Her help she sees, but help she cannot get
【她只闻香却难到口,这心痒叫人怎忍。】
She bathes in water, yet her fire must burn
【她泪水如浴似淋,却救不得心火如焚。】

注ぎ足された青色の後悔を
【杯子里注满了蓝色的后悔】
飲み干せない午前二時
【直至凌晨两点仍未能饮尽】
寄りかかった...

【试翻】恶魔的舞步 / 悪魔の踊り方【こんにちは谷田さん】

感情なんてもんはどうしても無駄だって悪魔は言った

【感情之类,皆为徒劳,恶魔如是说】

「何もかも捨てちまえよ」

【“应把一切舍弃”】

嗚呼、快不快も、喜怒哀楽さえも!

【啊,快与不快、喜怒哀乐,通通不要!】

どうしようもない事実、ヒトは終焉から逃れられない

【无可辩驳的事实是,人逃不过生命的终结】

「誰も抗えない欲望に従え」

【“遵从无法抗拒的欲望”】

思考を休めるな 脳ミソを回せ

【不要停止思考  要绞尽脑汁】


「誰もお前のことなど見ちゃいないさ」

【“根本就没有人在看着你啊”】

おかしくなってしまうことをどうして恥じる?

【为什么要因自...

【中原中也】云【0429诞生祭】

山上流云


于此山上,曾食盒饭……

      所谓女子

      本如樱瓣,

      欣然飘散


      近日远昔,皆为同般

      近日浮现,历历在目

      远昔淡去,无法碰触


卧在山间,仰望...

【试翻】某基督教徒离开告解室,唯将信仰留在怀中

或るキリスト者は告解室を去る、唯だ信仰のみを抱えて

《彼は天井から見ている》Track 11

词曲 こんにちは谷田さん
翻译 铝硅磷

終わりの見えない小説のような毎日に
【日常有如小说 读不到结局】
幼き景色など思い出せないまま
【幼时所见景色 回忆不起来】

白い煙のままで消えていくこと
【如白色烟尘般消逝不见】
仮に私がそれを望んでいても
【即便说那就是我的期望】

神の両眼にはすべて、すべてが
【神的双目中的一切都,一切都】
焼きついていること 記憶が誤魔化そうとも
【铭刻于心 哪怕记忆欺骗了我】

「真っ白なままで息ができたなら」
【“若能纯白无垢地呼吸的话”】
悍ま...

这生命显然是没有意义的 / きっとこの命に意味はなかった

词曲  こんにちは谷田さん

翻译  铝硅磷


耳を塞いでも 目を瞑っても 心臓は脈を打ち続けている

【堵住耳朵  闭上眼睛  心脏却仍在一拍拍地泵动】

「僕は誰だ?」 誰も答えない

【“我是谁?”  可谁都不回答我】

君が例えば、ここで惨めに腑を溢して命を乞うても

【哪怕你在此肝脑涂地,凄惨地乞求活命】

「意味のないこと」 疾うに気が付いていた

【“没有意义”  很快也就清醒过来】


夜の色 静寂(しじま)の黒 希死念慮が這いずっている音

【夜晚的色...

关于给浪花取名字,关于我们的呼吸终将停止。

波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。

词曲 / キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)
翻译 / 铝硅磷

くだらない愛の結果で僕らは生まれ落ちて
【无聊的爱有了结果,于是我们降生了】
呼吸さえ強いられているけど
【哪怕连呼吸都是迫于无奈】
綺麗な言葉並べて、醜さに蓋をして
【说出冠冕堂皇的话,掩盖着丑恶】
自分を愛せないままだな ずっと。
【一直以来 从不爱惜自己。】

くだらない嘘を言う度青色こぼれ落ちた、ガラスの瞳が綺麗で
【无聊的谎言从口中说出,青色随之滴答零落,玻璃眼睛绮丽无比】
君のその瞼のように優しいひとになってさ
【我想拥有与你的眼睑相称的温柔】
そんな僕を愛したいんだよ
【我想去爱那样的自己】

「わた...

【试翻】希治阁 / ヒッチコック【n-buna / ヨルシカ】


雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょうか。
【为何雨天的气息,会让我感到如此怀恋呢?】

夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょうか。
【为何夏季的临近,会让我的心如此不安呢?】

人に笑われたら涙が出るのは何でなんでしょうか。
【为何被别人嘲笑,会让我禁不住地流泪呢?】

それでもいつか報われるからと思えばいいんでしょうか。
【尽管如此,我能否相信自己总有一天会得到回报呢?】


さよならって言葉でこんなに胸を裂いて
【告别的话语,把我的心深深撕裂】

今もたった数瞬の夕焼けに足が止まっていた
【现在我停下脚步,凝望转瞬即逝的火烧云】


先生、人生相談です。
【老师,我有大问题要问。】

この先どうなら楽ですか。
【接下来要...

1 / 15

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER