关于给浪花取名字,关于我们的呼吸终将停止。

波に名前をつけること、僕らの呼吸に終わりがあること。

词曲 / キタニタツヤ(こんにちは谷田さん)
翻译 / 铝硅磷

くだらない愛の結果で僕らは生まれ落ちて
【无聊的爱有了结果,于是我们降生了】
呼吸さえ強いられているけど
【哪怕连呼吸都是迫于无奈】
綺麗な言葉並べて、醜さに蓋をして
【说出冠冕堂皇的话,掩盖着丑恶】
自分を愛せないままだな ずっと。
【一直以来 从不爱惜自己。】

くだらない嘘を言う度青色こぼれ落ちた、ガラスの瞳が綺麗で
【无聊的谎言从口中说出,青色随之滴答零落,玻璃眼睛绮丽无比】
君のその瞼のように優しいひとになってさ
【我想拥有与你的眼睑相称的温柔】
そんな僕を愛したいんだよ
【我想去爱那样的自己】

「わたしの呼吸に終わりがあること」
【“我的呼吸终将停止”】
君の声を覚えている
【我忆起你说话的声音】

生まれては消えていくこと、それだけを繰り返している
【诞生即是走向消亡,不过如此,循环往复】
「僕らがもしまた会えたら」だなんて、思っていた
【于是我开始想着,“若是我们还能再相见”】
生まれては消えていくだけの青白い波に名前をつけることに
【诞生即是,为必将消亡的青白的浪花,取一个名字】
意味は無かったのか、なんてさ
【本无意义,不过尔尔】

他愛ない嘘が染みた積み木で遊んでいる
【我们在搭积木,积木上涂满轻慢的谎言】
崩れるその日を待っている
【等待它轰然倒塌的一天】
澄み切った夜の静寂 君の頬の紅色で
【夜晚的寂静无比清澄 你颊染薄红】
もうすぐ桜が咲くんだろう
【眼看就要有樱花 绽放在其中】

僕らの呼吸に意味がなくても、二人はまた恋をする
【尽管呼吸毫无意义,我们两个人还是相恋了】

生まれては消えていくこと、それだけを繰り返している
【诞生即是走向消亡,不过如此,循环往复】
そして君も夜の海に還っていくんだろう
【你也将向夜之海,迈出回归的脚步】
生まれては消えていくだけの青白い波に名前をつけることに
【诞生即是,为必将消亡的青白浪花,取一个名字】
囚われている
【把我们拘束】

ねぇ、覚えているかな いつかの春の朝に
【嗳,你还记得吗 在某一个春天的清晨】
桜の樹の下で約束したこと
【我和你在樱树下 许下诺言】

思い出も君の名前も、いつの日か失ってしまって
【我的思念与你的姓名,迟早都会从我手中溜走
僕もいつかこの海とひとつになるんだろう
【有朝一日 我也将融进这片大海里】
君のいない冬の空気が僕の頬を刺すその痛みさえ
【你不在的冬天 空气刺伤我的脸颊 可就连这痛感】
愛していたい
【我也想要去爱】

生まれては消えていくこと、それだけを繰り返している
【诞生即是走向消亡,不过如此,循环往复】
「僕らがもしまた会えたら」だなんて、思っていた
【于是我开始想着,“若是我们还能再相见”】
生まれては消えていくだけの青白い波に名前をつけることに
【诞生即是,为必将消亡的青白的浪花,取一个名字】
意味は無かったのかな
【本是无意义的啊】

こうして冬が終わって、青い春がくる
【于是,残冬消逝,青春到来】

评论 ( 4 )
热度 ( 42 )
  1. 心向椭圆AlSiP/铝硅磷 转载了此文字

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER