【试翻】希治阁 / ヒッチコック【n-buna / ヨルシカ】


雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょうか。
【为何雨天的气息,会让我感到如此怀恋呢?】

夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょうか。
【为何夏季的临近,会让我的心如此不安呢?】

人に笑われたら涙が出るのは何でなんでしょうか。
【为何被别人嘲笑,会让我禁不住地流泪呢?】

それでもいつか報われるからと思えばいいんでしょうか。
【尽管如此,我能否相信自己总有一天会得到回报呢?】


さよならって言葉でこんなに胸を裂いて
【告别的话语,把我的心深深撕裂】

今もたった数瞬の夕焼けに足が止まっていた
【现在我停下脚步,凝望转瞬即逝的火烧云】


先生、人生相談です。
【老师,我有大问题要问。】

この先どうなら楽ですか。
【接下来要怎样,才能轻松一点呢?】

そんなの誰もわかりはしないよなんて言われますか。
【难道说这种事,就没有人明白吗?】

ほら、苦しさなんて欲しいわけない。
【您知道,我不想追求苦难。】

何もしないで生きていたい。
【不想多做什么,只想活下去。】

青空だけが見たいのは我儘ですか。
【我只想看蓝天,这很任性吗?】



胸が痛んでも嘘がつけるのは何でなんでしょうか。
【为何就算心会痛,人们也可以轻易地说谎呢?】

悪い人ばかりが得をしてるのは何でなんでしょうか。
【为何只有大坏蛋,才有第二次做人的机会呢?】

幸せの文字が¥を含むのは何でなんでしょうか。
【为何“幸”福这个词,偏要包含着钱(¥)的符号呢?】

一つ線を抜けば辛さになるのはわざとなんでしょうか。
【不慎越过头顶一线,“幸”福就会变成“辛”苦,这是必然的吗?】


青春って値札が背中に貼られていて
【青春的背面,贴着一张价签】

ヒッチコックみたいなサスペンスをどこか期待していた
【我早就期待,能像希治阁的电影一般,拥抱某种悬念】


先生、どうでもいいんですよ。
【老师,我已经觉得无所谓了。】

生きるだけで痛いんですよ。
【光是活着就很痛苦了。】

ニーチェもフロイトもこの穴の埋め方は書かないんだ。
【就连尼采和弗洛伊德,也没写出填补这空洞的办法。】

ただ夏の匂いに目を瞑って、
【我只好在夏日的香气中闭上眼睛,】

雲の高さを指で描こう。
【手指描绘着云朵的高渺。】

思い出だけが見たいのは我儘ですか。
【我只想去回忆,这很任性吗?】



ドラマチックに人が死ぬストーリーって売れるじゃないですか。
【人物戏剧性地死去,故事才会卖座,不是吗。】

花の散り際にすら値が付くのも嫌になりました。
【就连一朵花的凋亡,也被赋予价值,这令我厌恶。】

先生の夢は何だったんですか。
【老师,您的梦想是什么呢?】

大人になると忘れちゃうものなんですか。
【是那种长大之后,就会忘却的梦想吗?】



先生、人生相談です。
【老师,我有大问题要问。】

この先どうなら楽ですか。
【接下来我究竟要怎样,才能轻松一点呢?】

涙が人を強くするなんて全部詭弁でした。
【说什么流泪使人强大,都只是诡辩而已。】

あぁ、この先どうでもいいわけなくて、現実だけがちらついて、
【啊,今后我绝不会玩世不恭,现实正孤独地隐隐闪现,】

夏が遠くて。
【远方有夏天。】

これでも本当にいいんですか。
【我就算这样,也是可以的吗。】

このまま生きてもいいんですか。
【我就算这样,也可以活着吗。】

そんなの君にしかわからないよなんて言われますか。
【请别跟我说,这种事情只有我才明白,我真不知道啊。】

ただ夏の匂いに目を瞑りたい。
【我只想在夏日的香气中闭上眼睛。】

いつまでも風に吹かれたい。
【我只想一路走在风中。】

青空だけが見たいのは我儘ですか。
【我只想看蓝天,这很任性吗?】


あなただけを知りたいのは我儘ですか
【只希望了解你,这很任性吗】

评论
热度 ( 28 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER