【试翻】云间飞鸟 / 鳥曇り【须田景凪】

《Quote》Tr. 9。侵删。

ふらり 街の渦を泳いでは
【飘飘然 游荡在街市的漩涡中】
落ちる灯を逆さに映した
【倒映出垂落的灯影】
いずれ 誰も居なくなって
【不知何时起 人都不在了】
まるで烏有に帰す様に雲に混ざって
【犹如化归乌有一般 融在云间】

ゆらり 風を浴びて踊るだけ
【悠悠然 沐浴在风中尽情地舞蹈】
南を背に憂惧を味わった
【背对着南方 尝到忧思的滋味】
いずれ 孤独は育っていく
【不知何时起 孤独膨胀生长】
まるで浮遊に身を任す季節の様に
【犹如任自身漂浮不定的季节】

上から見えた 信号灯
【从上方眺望着 红绿灯】
何処へも行けずに生きていくの
【我无路可走 却要活下去】
それじゃ さよなら お別れね
【那么 再见了 该告别了呢】
これからどうしよう あたしは懲りもせず
【从今往后如何是好 我仍然执迷不悟】
名残惜しいまんま あなたを目で追っていた
【依依不舍地 目送着你】

だってって言ったって あなたはいつもそうよ 口だけなのね
【试图向你解释 可你总是如此 只说不做】
青い好天が邪魔をする また今日を肯定する
【青蓝的晴空妨碍着我 却又肯定了今天】
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
【试图让你等我 可你一次都没有回头】
酷くぬるい風でした それが 嗚呼
【微风拂面无比煦暖 这真是 啊啊】

ひらり 舞い過ぎ行く葉の色を
【翩翩然 飞舞穿梭在风中的落叶的色彩】
あなたは横目に遠く飛び去った
【在你侧目之间 飘向远方】
いずれ 溢した想いなんて
【不知何时起 思念漫溢开来】
まるで道に迷い喚く子供の様だ
【犹如街边哭号的迷路的孩童】

ああ もう やだ やだな
【啊啊 够了 真是 讨厌啊】
くらくらと 漂った ただ酔った
【晕晕乎乎 随意漂浮 醉意朦胧】
間違った 街だった 預かった 朝なんか
【搞错了 在街头 寄托的 清晨】
一刻も早く 手離したいな でもどうせ
【提前一刻 想要放手 可不论如何】
その度に思い出してしまうのは
【每到那种时候 想到的都是】
自分勝手なあなたの寂しそうな横顔
【我行我素的你的 寂寞的侧脸】

去ってって行ったって あたしもいつもそうよ 口だけなのね
【就算离开了 我也总是如此 只说不做】
鈍い曇天が邪魔をする また空は回転する
【钝灰的阴天妨碍着我 而天空旋转起来】
降ってって行ったって 誰にも吐き出せもしない心だった
【就算倾盆而下 也无法向任何人吐露心声】
酷くぬるい雨でした その度 甘えていました
【细雨绵绵无比煦暖 每到此时 我都会撒娇使性】

いつか 宙に舞う羽が 極彩色を味わって
【不知何时 空中飘舞的羽毛 泛出了缤纷的色彩】
歌うこと それすらを諦めてしまわぬ様に
【连歌唱都 渴望一并保留下来】
今夜 後にする この街の角を攫って
【今晚 就要出发 把这条街的转角袭卷而去】
逃げようよ 二度と戻りはしない
【逃走吧 再也不要回来】

だってって言ったって あなたはいつもそうよ 口だけなのね
【试图向你解释 可你总是如此 只说不做】
青い好天が邪魔をする また今日を肯定する
【青蓝的晴空妨碍着我 却又肯定了今天】
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
【试图让你等我 可你一次都没有回头】
酷くぬるい風でした それが 嗚呼
【微风拂面无比煦暖 这真是 啊啊】

勝手って苛立って ふたりはいつもそうよ 変われないのね
【任性而又焦躁不安 两人总是如此 无法做出改变】
巡る暗転の行く末は 知らない 知らない 知りたくもない
【往复的暗转将往何处 不知道 不知道 也不想知道】
待ってって言ったって 一度も振り向きもしないあなただった
【试图让你等我 可你一次都没有回头】
酷くぬるい風でした それが 嗚呼 大好きでした
【微风拂面无比煦暖 这真是 啊啊 最喜欢了】

评论 ( 2 )
热度 ( 22 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER