【试翻】夜幕降临 / 夜の帳が落ちる【バルーン】

ねじれた語弊を振りまいて ただ溢れた意識を問うばかり
【四处散播扭曲的语病 我只得追问我那满溢而出的意识】
夜の街に響く声を また拾ってあなたはどうするの ねぇ
【夜间街头回响的声音 你再度将其拾起 接下来要怎么办呢 说啊】

他人の様な心では 浅い同情なんて意味もないわ
【若是把彼此当作无关的他人 那这浅薄的同情就毫无意义可言】
安い文句並べては また呆れた意見を乞(こ)うばかり  
【我们只会吐出细微的怨言 然后向人征求无聊的意见】
本を開いて 栞(しおり)を挟んだふりをした
【把书翻开 假装要夹进一枚书签】   
冷めた目をした 空から落ちて
【冷眼旁观的它们 纷纷从空中落下】

魚の涙に溶け込んで 鱗は剥がれて落ちてった
【融进鱼儿的泪滴里 鳞片被一点点剥裂脱下】
やましい心を隠したら 見せる見せる顔もないな
【既然隐瞒了愧疚之心 那也就无颜再相见了】
言葉をどこかに捨てたなら いつまで経ってもちぐはぐだ
【把言辞丢在别处的话 再过多久都不会协调】
朱色の景色に騙されて 夢の中に消えていく
【被朱红的景致所欺骗 隐没到梦里去】

まばらに耳を傾けて また並んだ意見に沿うばかり
【不时侧耳倾听 我又会盲从于别人的意见】
枯れた海に消えた声は ただそのまま沈んで忘れられ
【消失在枯竭的海里的声音 一头沉入遗忘的境地】

他人の様な心では 浅い感情なんて価値(いみ)も無いわ
【若是把彼此当作无关的他人 那这浅薄的感情就毫无价值可言】
穴の空いた傘持てば すぐ溢れた意識が落ちてくる
【只要撑起漏了洞的伞 那满溢而出的意识很快就会滴落下去】

ばけつの底に 心を預けたふりをした
【假装要把心 安放在桶底】
無機質な目に 突き放されて
【被无机质的眼睛 推开抛下】

優しい末路に逃げ込んで 不埒(ふらち)な病をただ背負(しょ)って
【我逃进一条温软的末路 蒙羞的病也徒然背负】
やましい心を見せたなら 暮れる暮れる事も無いな
【一旦窥见了愧疚之心 那也就无法画上句号了】
それでも変わらず沈むなら いつまで経っても待つばかり
【尽管如此还要继续下沉的话 再过多久都只好等下去】
1人の気持ちも偽って 誰も彼も知らないまま
【连自己一个人的心情都弄虚作假 永远无法被任何人理解】

下心に踊って作り話を囁いて 心の隙間に宛(あて)がう
【心怀鬼胎地舞蹈着 轻声讲述编造的故事 填补心中的罅隙】
結んだおもりはただ静かに底へ歩いて 振り向く事などない様だ
【铅坠系在脚踝上 安静地带着我走向底末之处 一次也不曾回头】

魚の涙に溶け込んで 鱗は剥がれて落ちてった
【融进鱼儿的泪滴里 鳞片被一点点剥裂脱下】
やましい心を隠したら 見せる見せる顔もないな
【既然隐瞒了愧疚之心 那也就无颜再相见了】
言葉をどこかに捨てたなら いつまで経ってもちぐはぐだ
【把言辞丢在别处的话 再过多久都不会协调】
朱色の景色に騙されて 独り言の様に 夢の中に消えていく
【被朱红的景致所欺骗 似在喃喃自语 隐没到梦里去】

魚の涙に溶け込んで
【融进鱼儿的泪滴里】
不埒(ふらち)な病をただ背負(しょ)って
【蒙羞的病也徒然背负】

评论 ( 1 )
热度 ( 23 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER