【试翻】蔷薇架刑【ali prpject】

もしもわたしが仄蒼(ほのあお)き薔薇(そうび)なら
【倘若我是淡青色的蔷薇】
肉体(からだ)は綻ぶ花でしょう
【肉体即是绽裂的花朵】

添い寝する駒鳥たち
【知更鸟们依偎着我睡去】
刺で抱きしめ
【而我以尖刺将他们紧拥】

甘き蜜を引きかえに
【给予甘甜的花蜜】
生き血を注がせ赤く赤く
【换来殷红殷红地倾注的鲜血】

月を浴びて燦燦と
【璀璨夺目地沐浴在月光下】
盛りの刻を立ち止まらせて
【在全盛的时刻屏息凝神】
祈りのように 呪いのように
【犹如祈祷 犹如诅咒】
開いた花唇の奥底で唄う
【从微启的花唇最深处吟唱着】

そうまでもして
【即已如此】
咲き誇るのかと問うなかれ
【莫要问我是否尽情绽放】

もしもわたしが野に咲いた薔薇なら
【倘若我是野地里绽放的蔷薇】
心は蠢くその根でしょう
【心灵即是蠢蠢欲动的根系】

土深くに亡骸を
【深深钻进泥土中】
幾つ数えて
【数遍埋在其中的遗骸】

闇に染みし濁る夜露
【把浸染黑暗的浑浊的夜露】
貪り尽くし吸い尽くして
【极尽贪婪地吮吸殆尽】

朱い茎を昇りつめ
【顺着朱红的茎攀登向上】
光の在処 探りつづける
【不停地寻找 光明的所在之处】
天女のように 獣のように
【犹如天女 犹如野兽】
堕ちていく場所は墓穴と知れど
【即便知道自己终将堕入墓穴】

それほどまでに
【既已至此】
愛したいのかと問うなかれ
【莫要问我是否愿意爱你】

枝を巡り 葉を滲ませ
【让枝条环绕 任叶芽钻出】
自らの身を架刑とせん
【将自身钉上十字架】
月に潜み煌煌と
【辉煌灿烂地潜藏在月光下】
わたしは薔薇でわたしは女
【我是蔷薇 我是女子】
呪いのように 祈りのように
【犹如诅咒 犹如祈祷】
秘する思いは薫りつつ爛れ
【隐秘的思绪飘香糜烂】

そうしてなおも
【虽然如此】
生きてゆくのかと問いながら
【仍自问是否能寻得生路】

评论
热度 ( 32 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER