坠落的兔子与寡默的旁观者的手记 / 落下ウサギと寡黙な傍観者の手記

对某人的事情,我感觉不到悲伤或者歉疚,只有彻底的无力感。然后就开始循环这首,并且想起来之前我翻译过这首。现在再翻一次,说不定能做得更好些。

詞 曲 / こんにちは谷田さん
繪 / 一二三ん
唄 / 初音ミク
譯 / AlSiP

(さよなら。)
【(永别。)】

曖昧な彼女はスーサイド、等加速度で落下して
【态度暧昧的她走向自杀,以匀加速度落下】
「汚れてしまわないように先に行くわ」
【“为了不被玷污,我要先走一步”】
と言ったんだ
【她这样说道】
バイバイ
【拜拜】

曖昧な彼女はスーサイド、悲しそうに笑っていた
【态度不明的她走向自杀,笑里带着悲凉的意味】
何も知らない大人達の愚かさを赦すように
【她愿宽赦一无所知的大人们的愚昧】

揃えた靴の底から覗き込んだ世界
【窥视世界,从她最后安放的鞋底】
映っているのは空っぽになった容れ物だけ
【却只看见,一对空无一物的容器】

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った
【她做着梦,嘲笑这世界的卑污】
かすれた足元には誰も気付かない
【无人察觉,空中掠过她的脚步】
明日が見えなくなって、昨日が引き裂かれても
【即便再也看不见明天,即便昨日被撕成碎片】
赦しを与えるんだ、行き過ぎた優しさで
【依旧给予宽恕,让温柔超出限度】

曖昧な彼女はスーサイド 全てを忘れようとして
【面目模糊的她走向自杀,为把一切忘却抛下】
何も知らない街の隅で赤い花を咲かせるの
【毫不知情的街角处,绽开鲜红的花】

汚れた眼で見たのは逆さまの世界
【污浊的双眼,看到世界上下翻颠】
空を落っことしてコンクリートの枕で眠る
【把天空丢到脚边,枕着混凝土入眠】

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った
【她做着梦,嘲笑这世界被污渍浸淫】
記号に成り果てても声は聴こえない
【直至化作符号,仍无法听见她的声音】
教室の窓際、青すぎた空に溶解けたら
【教室窗边,她溶入了蓝得过分的晴天】
記憶は薄れていく、思い出せないんだ
【记忆模糊迷茫,已然无从回想】

彼女は夢を見て、汚れた世界を笑った
【她做着梦,嘲笑这世界的卑污】
かすれた足元には誰も気付かない
【无人察觉,空中掠过她的脚步】
明日が見えなくなって、昨日が引き裂かれても
【即便再也看不见明天,即便昨日被撕成碎片】
赦しを与えるんだ、行き過ぎた優しさで
【依旧给予宽恕,让温柔超出限度】

评论
热度 ( 28 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER