【试翻】梦游人抱病在此岸 / 夢遊病者は此岸にて【こんにちは谷田さん】

关于标题:“此岸”指生老病死的凡尘之世。


暗い四畳半の隅で同じ過ちを犯し続けている

【在昏暗斗室的角落处  我重复犯下同样的错误】

口から吐いた煙の数だけ醜い自分を忘れてしまえた

【随着烟尘从口中呼出  也就忘记自己丑态毕露】


夜が今日もこの部屋を喰らい尽くしてしまうから、幸福な夢の世界に逃げ込むのさ

【如今,夜色再次把这房间吞嚼殆尽,于是我在幸福的梦世界中遁隐】

真っ白の「ひとがた」が僕に光を与えた

【洁白的“人形”  给予我光明】

もう二度と手放せないな  この痛みは

【再也不会放手让渡  这份痛楚】


「君を殺してしまった今日」でさえも  「明日と変わらない今日」で

【哪怕“把你杀死了的今天”也逐渐  成了“与今天无异的明天”】

僕は今知ってしまった  どうして僕が誰も愛せないていたのか

【现在我终于明白  为何我当初无法与任何人相爱】

桃色の亡霊が這いずってる部屋  幻聴が鼓膜を打った

【房间里爬行着桃花色的亡灵  我的耳膜上敲打着幻听】

死ぬまで解けない呪いに浸かりきった僕はもう救えないな

【诅咒至死方休  浸淫其中的我  业已无药可救】


暗い四畳半の隅で同じ過ちを犯し続けている

【在昏暗斗室的角落处  我重复犯下同样的错误】

煙を吸って見る夢の中では  明日の不安さえもなくなった

【随着烟尘从口中吸入  对明天的不安也在梦中归于虚无】


いつか僕はこの部屋で孤独を抱いて消えるなら、せめて今だけ未来を忘れたいのさ

【我终将把孤独紧拥在怀,消融在房间的空白,所以现在我想暂时忘记未来】

真っ白の「ひとがた」が僕に与えた光を  もう二度と手放さない終わりの時まで

【洁白的“人形”给予我的光热  再也不会割舍  直到最后一刻】


「君を殺してしまった今日」でさえも  肉体の糧になって

【哪怕“把你杀死了的今日”也只是  变成了血肉躯壳的粮食】

たった今知ってしまった  どうして僕の眼球は濁っているのか

【现在总算得以理解  为何我的眼球浑浊如夜】

桃色の亡霊が這いずってる部屋  全身が海になっていく

【房间里爬行着桃花色的幽鬼  我的全身变成了海水】

死ぬまで解けない呪いが凡庸の僕に救いを与えるんだ

【至死方休的诅咒  向凡庸的我  伸出了援手】


水銀で満ちた浴槽、浸かってしまった僕の軽忽さを

【满载水银的浴槽,浸没着我的轻飘】

そう、誰も彼もが笑っている

【的确,无论谁看了都会嗤笑】

抜け出せないんだ  ずっと 

【一直  无法脱逃】

この人生はもうお終いにしよう 

【这样的人生也该画上句号】

僕が僕を許してしまう前にさ

【趁我尚未求得自己的宽饶】


巨大な不安が黒いカーテンのように目の前を遮っている 

【巨大的不安  像黑色窗帘  遮挡在我眼前】

どこかで狂ってしまった僕の生は、あまりに稚拙な悲劇だ 

【我的人生  不知在何处  走入了僵局,这是过于稚拙的悲剧】

今頃天井で笑っているだろうこの人形の終幕を 

【此刻天井上一定在笑看  这出人偶戏的末端】

死ぬまで解けない呪いを、ここで今終わらせてしまおうか

【至死方休的诅咒,现在就在这里结束,可否?】


评论
热度 ( 34 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER