【试翻】戏作 / 脚色【有机酸】

あの日の願い事は落として砕いた
【那天许下的愿望已经崩落破裂】
緑のソーダみたいに弾けて溶けたのだろう
【想是应如绿色汽水般飞溅溶解】

あの子は世迷言を話して塞いだ
【那孩子嘟嘟囔囔地填满了怨念】
鉛を飲んだみたいだと頭を抱えて眠った
【像喝了铅一样抱着头蜷缩入眠】

消えたあの街が
【纵使那条消失了的街】
愚かな僕を酷く拒んだとして
【把愚痴的我狠狠拒绝在外】
それでも自ら終わらせる事は
【事情也已自行宣告终结】
許されない  また春を待つ
【我仍旧恨意在怀 等待春天到来】

たかが暮らしだろ
【这不过尔尔的生活】
それすらすでに
【却也沦落至】
言い訳の有様を
【借口说辞的样子】
無様に見せられているような
【不像样子地显豁】
脚色だった
【引人旁观的戏作】

あなたの長い髪を愛していると
【因对你的长发情有独钟】
祈りに似た思いで掴んでいるの
【就祈祷般地把它攥在手中】
枯れた薔薇  水も赤黒く流れる葉
【枯萎的蔷薇 水里也是落叶流淌成一片红黑】
あれ以来  ただ
【自那以来 无非】
花開く前なら  尚更刈り取るわ
【趁花开之前就要干脆 变本加厉地裁下花蕾】
今  すぐ  音もなく
【马上 立即 悄无声息】

僕の亡霊が
【纵使我的亡灵】
命の意味を強く叫んだとして
【高声叫喊生命的意义】
それでもここから始める事は
【从这里开始剧情】
もうできない また道を断つ
【已经无法承继 又把道路封闭】

作り話だろう
【不过是编造的故事】
それすらすでに
【却也沦落至】
忘却の有様を
【淡忘的样子】
無様に見せられているような
【不像样子地炫示】

消えたあの街が
【纵使那条消失了的街】
愚かな僕を酷く拒んだとして
【把愚痴的我狠狠拒绝在外】
それでも自ら終わらせる事は
【事情也已自行宣告终结】
許されない  また春を待つ
【我仍旧恨意在怀 等待春天到来】

たかが暮らしだろ
【这不过尔尔的生活】
それすらすでに
【却也沦落至】
言い訳の有様を
【借口说辞的样子】
無様に見せられているような
【不像样子地显豁】
脚色だった
【引人旁观的戏作】

感谢@Cat&Toy Box 的录入。我要是能找到Wendy和Aria的歌词的话就把那两首也翻了吧……
侵删。

评论 ( 7 )
热度 ( 68 )

© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER