主体性尚未完全破碎的高中生。写文,搞翻译。

【试翻】felis【バルーン】

felis = 猫属动物。

不確定的な夢を見る これで何度目だ
【不确定性的梦,这是第几次做了呢。】
継続的な呪いなら 嫌というほどに
【连续性的诅咒,简直已经让我厌烦。】

幸せの意味などが 日々の理由ならば 知りたくはないなあ
【如果说幸福的意义,才是度过这一天天的理由,那我可不想知道啊。】

君がいなくなった朝に 手を伸ばす 静けさも相俟って
【在你离去后的清晨,我伸出手来,寂静与我相伴,】
ここは懐かしい痛みが残るのです
【怀念的阵痛,还留在这里。】

未関係的な夜だから 眠りにつくまでは
【尚无关系的夜里,直到睡着为止,】
手を繋いで言葉を吐く それだけのことだ
【手牵手倾吐着话语,仅仅是这样的事。】

あれから毎日 僕は考えたんだ
【在那之后的每天,我都在思考着,】
今になって如何しようもないけど
【哪怕事到如今,已经毫无办法,】
痛みの中 彷徨って 喉も枯れた
【我仍在痛苦中彷徨着,喉头也变得沙哑。】
軽くなったと 思い込むようにして
【我试着相信自己已经轻松了,】
何度だって 最低な夜を 越えようとした
【想要借此来撑过无数个低落的夜。】

一人の暖かさも二人の冷たさも 思い出せなくて
【一人独处时的温暖也好,两人同在的寒冷也罢,我都已记不起来了。】

ぼくが明け渡した夜は未だ闇い
【我离开后留下一场空的夜晚,尚且很昏暗。】
この呪いが解けるなら それは美しい終わりと思うのです
【若诅咒此时竟得以解除,那我想这故事也算是有了一个美丽的结局。】

本当に僕らはよく似てる この表情も この言葉遣いも
【说实话,我和你是极其相似的,不论是表情,还是用词的方式。】
簡単な心は雨の様 まだ傘をなくしたまま
【单纯的心像雨水降下,而伞又被弄丢了一把。】

二人伝え合った日々に戻れない
【两个人互诉心声的日子,我是回不去了。】

君も同じだと言うなら
【若你恰好也一样的话,】
これは素晴らしい喜劇と変わるのです
【这就成了一场绝妙的喜剧。】

评论(1)
热度(21)
© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER