主体性尚未完全破碎的高中生。写文,搞翻译。

【试翻】正因花凋谢了,/ 花が落ちたので、【一二三】

(↑虽然b站上是这个标题,但我觉得“花既已落,”更适合一些。)

柔らかな手 透る白肌 
【纤纤玉手,白肌通透,】
振れる声と 鮮やかな表情 
【声音发颤,表情鲜妍。】
恋する僕の 淡い影色 
【恋爱中我的 淡薄影色,】
“君の見せる光”の投影
【是“你让我看到的光”的投影。】

全部見えちゃいないんだろう 
【该是没有全都看见吧;】
盲目的に 君を想うよ 
【我盲目地 思念着你。】
君の過去に連なる恋人 
【牵扯着你的过去的恋人】
僕の胸を締め付けてるんだ
【让我心中一阵绞痛。】

ずっと ずっと 
【一直、一直】
そんな気持ちがさ 
【那样的心情,】
僕の 僕の 
【在我、在我】
頭の隅っこで
【脑海的一角,】

ぎゅっと ぎゅっと 
【紧紧、紧紧】
しがみついているから 
【搂住不放,以至于】
不意に涙が伝う
【无意间流出泪来。】

いっそ 消えてしまいたいな 
【真想,干脆地抹消一气:】
君が恋してた形跡も 
【不论是你曾爱恋的形迹,】
誰かと深く絡み合って 
【还是和某个人深深地交缠在一起】
染み込んだ その痕跡も
【渗透进来的 那些痕迹。】

見ないフリしたって 
【只有在我假装不去看的】
過ぎるその光景ばっかりに 
【流逝的光景之中,】
僕の知らない 
【才有我所不知道的】
君の笑顔があった
【你的笑容。】

君の過去に 手を伸ばす僕を 
【我向你的过去 伸出手,】
「はしたない」と 
【“太卑鄙了。”】
窘めてるのは
【如此警告着的是】

「諦め」とか 
【与其说“放弃”,】
「妥協」で出来た 
【不如说做到了“妥协”的,】
やけに大人ぶる 
【过分地装成大人的,】
未来の僕
【未来的我。】

何度 何度 
【多少次、多少次】
祈ってみてもさ 
【我也试着祈祷,】
きっと きっと 
【但的确、但的确】
時は戻らないし
【时光不可逆转。】

いっそ いっそ 
【索性就、索性就】
死んでしまえたら 
【这么死掉吧,】
こんな醜い 
【如此丑恶的】
今の心なんて
【现在的心。】

消してしまえたんだ 
【终于消散:】
僕が愚図ってた原因も 
【不论是我迟疑不决的根源,】
過去の恋人(だれか)を深く恨み始め 
【还是对过去的恋人(读作“某个人”)起了恨怨】
溶け込んだ その羨望も
【溶化掉了的 那份艳羡。】

変わるフリしたって 
【只有在假装改变的】
過ぎるその感情ばっかりに 
【逝去的感情之中,】
僕がよく知る 
【才有我所确知的】
本音が そこにあった
【真正的心声。】

君の心に開いた穴 
【你心头的空洞里,】
かつては誰かが 
【曾经又谁】
住んでたんだって
【住在那里。】

あゝ 
【啊啊。】
そんな気持ちも 
【那样的心情,】
反芻していけば 
【如果不断反刍的话,】
慣れるのかなぁ
【会习惯吗。】


いつか後悔すんだって 君に恋した瞬間を 
【毕竟总有一天会后悔:喜欢上你的瞬间,】
二人で長く見つめ合って 
【还有两人久久地互相注视时】
知ってしまった痕跡を 
【知晓的点滴痕迹。】
他人のままずっと初めから居られたら……
【若从一开始就一直保持无关系的话……】

なんて 
【什么啊。】
なんで 知ってしまったんだ 
【为什么,知道了啊,】
君が恋してた形跡も 
【不论是你曾爱恋的形迹,】
誰かと深く絡み合って 
【还是和某个人深深地交缠在一起】
染み込んだ その痕跡も
【渗透进来的 那些痕迹。】

許すことが 僕に 
【如果能原谅你】
出来たなら この感情だって 
【是我能做到的,那这份感情】
大人になれる様な 
【也就会变得成熟起来。】
気がしたんだ
【——这我注意到了。】

それは正しいのかな 
【这样做正确吗?】
きっと正しいんだろう 
【一定是正确的吧。】
それは正しいのかな 
【这样做正确吗?】
それは正しいのかな
【这样做,正确吗。】

评论(2)
热度(37)
© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER