主体性尚未完全破碎的高中生。写文,搞翻译。

[试翻]闲置地/遊閑地[バルーン]

息が淡く 灰の空にぼやける 

[气息淡薄,氤氲在灰尘的空中,]
赤く腫れた 目を伏せて歩いたんだ

[低垂着红肿的眼睛,我行走着。]


誰か誰か教えて 細い糸の行方を 

[谁能谁能告诉我,细长的丝延伸到何方?]
美しくて儚い 見世物になるような愛なんて

[美丽无比、短暂无常,足以引来世人目光的爱,之类。]


あなたに この声が 届くことはありますか 

[我的声音,可以传到,你的身边吗?]
心の戸惑いが 人の真似だとしても 

[心中的困惑,是模仿别人而成的,]
それでいいと思ったんだ

[但我认为这就够了。]


いつも同じ あなた方が始めたことなのに 

[总是一个样,明明是由你们开始的,]
不満ばっかりね あなた方の人生よ 

[却只有不满呢,你们的人生啊,]
そんなの知るもんですか

[自己知不知道啊。]


あなたと この距離が 変わることはありますか 

[和你之间,这段距离,可以改变吗?]
溜息に紛れて 線を跨ぐ事はしたくない

[我不想跨过,那条混杂在叹息中的线。]


こんな時どうやって 楽しそうに笑うんだ 

[这种时候怎么办?高兴地笑了。]
あなたの作り笑いはわからないな 

[你的苦笑,我真不懂啊。]
懲りもせず今日だって 涙は止まらないよ 

[不曾停止尝试,直到今天,眼泪仍止不住,]
強がることもしてみたけど

[虽然也曾试着逞强。]


ほつれた この糸が 絡み付いて離れない 

[散开了的,这根细丝,紧紧缠绕着不能解脱]
例えば この灯りが 枯れたならばどうでしょう

[譬如说,这盏灯,烧枯了的话会怎样呢?]


あなたに この声が 届く事は有り得ない 

[我的声音,没能,传到你那里。]

心の戸惑いが 人の真似だとしても 

[心中的困惑,是模仿别人而成的,]
それでいいと思ったんだ

[但我认为这就够了。]


PS: 铝硅磷觉得,这个歌词,和后来的《花瓶に触れた》歌词,可以放在一起解释。《触及花瓶》讲的是“想离开却没能离开”的一方,《闲置地》讲的是“想挽留却终会保持距离”的另一方。

评论(6)
热度(24)
© AlSiP/铝硅磷 | Powered by LOFTER